REXALPHA®シリーズ

RAFS FD 076

  • UV 硬化型銀ペースト
  • UV 照射後に加熱する事で 10-5Ωcm 台の低抵抗化が可能
  • 流動性に優れロータリースクリーン印刷にも対応可能

乾燥硬化方式
UV硬化型
荷姿
1kg
用途・機能
メーターパネル、帯電防止、ガラス、RFIDアンテナ、タッチパネル、回路形成、高精細、導電、ディスプレイ、銘板、パッケージ、カード、電子ペーパー
基材
AC、PC、ABS、PVC、処理PET、処理PP、処理PE、紙、ガラス、合成紙
基材(その他)

未処理(またはUV 処理)ポリエステルボトル、ポリエステルシート

塗液性状
高粘度
印刷適性
レベリング性、硬化性、細線再現性
塗膜外観
無黄変
電気特性
導電性、低抵抗、帯電防止性
特性(その他)

特性表(代表値)

製品名

RA FS FD 076

備考

硬化タイプ

UV 硬化

推奨積算光量:200mj/cm2

外観

銀色、ペースト状

粘度(Pas25℃)

5

E型粘度計・5rpm

体積抵抗率(Ωcm

4×10-5

UV 照射後 100 10 分乾燥

印刷方式

フラットスクリーン
ロータリースクリーン

※上記値はいずれも代表値であり保証値ではありません

UV 照射量と体積抵抗率の関係

rafs_fd_076_Fig01.jpg

※条件:SUS400mesh 線径 23μm 35μmカレンダー加工 乳剤厚 10μm

仕上がり・質感・見た目効果
マット
インキ使用方法&注意事項
  • スクリーンメッシュは SUS400 以上を推奨します。線径 23μm の 400 メッシュ 35μm カレンダー
  • 加工スクリーンメッシュに乳剤厚 10μm で製版した場合、硬化後 10~15μm の膜厚が得られます。
  • 印刷膜厚が 15μm 以上では UV 光が透過しきれず、硬化不良に伴う密着性の劣化、抵抗値の上昇といった不具合が発生する事があります。
  • 本インキは硬化直後から時間の経過若しくは 80℃程度のエージング処理に伴い、抵抗値が低下し安定になる性質があります
  • UV 照射装置は高圧水銀ランプをご使用下さい。ランプの種類は水銀ランプよりもメタルハライドランプの方が硬化効率が向上します。ランプ出力は 120~160w/cm(ランプ長 60cm で 7.2~9.6kw)を推奨します。また、オゾンレスタイプや水冷タイプのランプは硬化不良を発生する事がありますのでご注意下さい
  • 印刷速度は通常 120w/cm空冷メタハラランプ 1 本当たり、10~20m/分を目安に選定ください。(ただし、デザイン、被印刷体の条件等により硬化条件は異なります。)

版洗浄方法

  • 印刷後の版洗浄については、弊社製品「S705 溶剤 C(シクロヘキサノン)」やグリコール系洗浄溶剤をクリーンウエス等に十分浸して、版上、メッシュ中の残留インキを洗浄した後、版面にシクロヘキサノンを拭き取るために「VC102溶剤 C(MEK)」にて仕上げを行う方法を推奨します。
  • 最初より揮発温度の低い溶剤(MEKなど)を洗浄に用いますと、インキ中の樹脂成分のみを溶出させてしまい、銀等のフィラー成分がメッシュ中で固まることで版詰まりの原因となる可能性がありますのでご注意ください。
  • 版に異物が詰まってしまったときは水を用いたジェットシャワーで吹き飛ばす事で除去できる可能性があります。
ご使用にあたっての
お願い事項
  1. 本資料は、弊社試験データの一例であり印刷・加工条件、基材等によって得られる性質は異なりますので保証するものではありません。
    ご使用に際しましては、その用途を含め十分にご確認ください。
  2. 本製品を取扱う前には必ず「製品安全データシート」を読み、取扱に注意してください。
  3. 本製品を海外に輸出する場合は必ず弊社までご確認戴けますよう、よろしくお願い申し上げます。

スクリーンインキによるソリューション

  • バイオマスパッケージソリューション
  • REXWIN®~遮光・拡散・接着の実現~
  • スクリーン印刷で五感を表現する

お問い合わせ

機能材営業本部 機能性インキ営業部
TEL : 03-3272-3402
FAX : 03-3272-0666